クレジットカードの審査で重要視されるポイントは?

クレジットカードを持つためには、まず初めにそのクレジットカードを発行している会社の審査を受け、それにパスする必要があります。 審査と聞くとちょっと不安になってしまいますが、そんなに大層なものではありません。「貸したお金をしっかり返してくれる人かどうか」をチェックするために、簡単な属性をチェックするだけです。

以下より、クレジットカード会社が申し込み者のどのようなポイントを重視して審査をしているのかを簡単に見ていきましょう。

貸したお金をしっかり返してくれる人物かどうか

クレジットカードの審査をする上で、カード会社が最も重要視するのはその方が「本当に信用できる人物なのか?」ということ。 クレジットカードは、商品やサービスの代金を一時的にカード会社に肩代わりしてもらい、後でまとめて返済するためのものです。

代金を肩代わりしたはいいけれど、利用者にこの借金を踏み倒されてしまえばカード会社は損をするだけです。 このような事態に陥ることを「貸し倒れ」といい、カード会社の審査はこの貸し倒れを未然に防止するために行われています。

審査基準を甘くすればカード会員は増え、加盟店(会員がクレジットカードを利用するお店)からの手数料収入も増えますが、 一方で、立替金の回収に手間取ったり、貸倒件数が増えるなどして経営を圧迫してしまいます。

この収支のバランスを見極めて収益を最大化するために、カード会社は常に審査基準の見直しを行っています。 加盟店の数や立替金回収のノウハウ、貸し倒れへの対処法などはカード会社によって異なり、それによって審査基準にもばらつきが出てきます。

定期的な収入があるかどうか

審査項目の中で最も重要なポイントは、「安定した収入があるかどうか」です。 当たり前のことですが、返せる当てのない人物にお金を貸す人はいませんよね。カード会社の考え方も同じです。

しかし、なかには収入はなくてもクレジットカードを持ちたいという方もいます。その最たる例が専業主婦(主夫)ですね。 このケースでは配偶者に安定した収入があれば「OK」とするカード会社と、あくまで本人に収入がなければ「NG」とするカード会社に分かれます。

また、パートやアルバイトの方は、一定の収入はあるものの安定しているとまでは言えないため、基本的には「NG」扱いになります。 いずれにせよ、安定した収入が無い場合は審査に通りづらいという点は頭に入れておいてください。

お金にルーズな性格ではないか

安定した収入があったとしても、それだけで信用してくれるほどカード会社は甘くありません。 「返済期日をきっちり守る人物か」というのもカード会社が重視するポイントのひとつです。

もし、カード会員から期日通りに返済がなければ、カード会社は返済を催促するための通知を行わなければなりません。 そして、メールであれ封書であれその通知を送るためにはかなりのコストがかかります。1通あたり30円だとしても1,000人だったら300,000円にもなります。

このような人物を審査で振り落とすために利用されるのが信用情報機関です。 現在、日本にある「個人に関する指定信用情報機関」は「全国銀行個人信用情報センター」「シー・アイ・シー」「日本信用情報機構」の3社。 全国銀行個人信用情報センターの会員は主に銀行と銀行系のカード会社、シー・アイ・シーの会員はカード会社と信販会社、日本信用情報機構の会員は消費者金融と信販会社です。

これらの信用情報機関は個人の事故情報(返済の遅延・債務整理・自己破産など)を共有する仕組みを持っているので、 例えばクレジットカードの返済を2カ月以上滞納すると、その情報がすべての消費者金融やカード会社、銀行にまで知れ渡ってしまいます。 そして、このような人物がクレジットカードの審査に通ることはありません。

嘘をつく人物ではないか

これも当たり前のことですが、嘘をつく人物は信用できません。 よくあるパターンとしては、審査で有利になると考え、申し込みの際に「他社借入額」を過少申告するというもの。

上で触れたように、個人の借入件数や借入額はすべて信用情報機関に登録されています。 そして、クレジットカードの審査の際には間違いなくこの情報を照会するため、嘘をついて過少申告したところですぐにバレてしまいます。

「バレなければ問題ない」といった思考をもっている人物は、カード会社が定めた利用規約なども平気で破るリスクあります。 例えば、クレジットカードを他人に貸したり、ショッピング枠現金化を行ったりなどなど。

他社借入額の過少申告は審査にプラスするどころかかなりのマイナス査定になるため、絶対に止めましょう。

クレジットとは信用という意味

クレジットカードの審査において重要なポイントについて簡単に説明してきましたが、詰まるところ「貸したお金がちゃんと返ってくるか」をチェックされているに過ぎません。 きちんとした社会人なら何も問題ないはずなので、安心して審査に臨んでください。