ブラックでも審査に通るクレジットカードってあるの?

「ブラックでも審査に通りますか?」これはキャッシングやクレジットカードに関するQ&Aサイトなどでよく見られる質問です。 一度ブラックリストに登録されると最低でも5年間はキャッシングやクレジットカードを利用できないと言われています。

それはわかっていても、クレジットカードを持っていないと不便に感じることも多く、「どうにか審査に通る方法はないものか?」という切実な思いから冒頭のような質問が投稿されているのでしょう。

ブラックでも審査に通る"可能性のある"クレジットカード

ブラックでも審査に通る可能性があるのは、アメリカン・エキスプレス・カードのクレジットカードです。 ただし、他のカード会社との提携カードではなく、アメックスが単独で発行しているプロパーカードのみ。 つまり、グリーンカードゴールドカードスカイトラベラーカードスカイトラベラープレミアカードのいずれかです。

ではなぜアメックスはブラックでも審査に通る可能性があるのか?
これは恐らく「ブラックというだけでは審査落ちにしない」という社内基準を設けているからだと考えられます。

ほとんどのカード会社は、申し込み者がブラックリストに登録されている時点で即審査落ちとし、申し込み者のその他の属性は一切考慮しません。 しかし、アメックスはその他の属性も加味した上で、最終的な判断を下すためブラックでも審査に通る可能性があるのです。

画一的な処理を行うのではなく、現状を重視する考えは「一度失敗した者にもセカンドチャンスを与える」というアメリカの企業ならではなのでしょうか。 ともかく、可能性があるだけでもブラックの方にとっては救いのあるカードと言えるのではないでしょうか。

そもそもブラックリストに載るってどういうこと?

ブラックリストについて間違った認識をされている方もいるかと思いますので、念のため簡単に説明しておきます。 まず、長期の支払遅延や踏み倒し、自己破産をした方を一覧で掲載しているような「リスト」は存在しません。

ブラックとは、金融事故を起こしてその情報(異動情報)が信用情報機関に登録されている状態を指します。 具体的には「長期延滞」「代位弁済」「特定調停」「個人再生」「任意整理」「自己破産」などがこれにあたり、一度登録されれば最低5年間は履歴が残ってしまいます。 通常、この情報が残っている間はキャッシングやクレジットカードの審査に通ることはありません。

自分がブラックだと勘違いしている場合も

例えば、過去に1ヶ月程度の支払遅延を起こしてしまった人や、2カ月続けてクレジットカード利用代金の口座振替ができなかった経験がある方が「自分はブラックリストに載っている」と勘違いしているケースがあります。 しかし、支払の遅れは61日以上経過しない限り金融事故として登録されることはありません。

また、電気代やガス代はいくら滞納したところで、ブラックになることはありません。なぜなら、それらの情報が信用情報機関に登録されることはないためです。 ただし、これはあくまで請求書払いの場合です。クレジットカード払いにしていて、それを滞納しているのであれば、通常の支払い遅延として信用情報機関に登録されます。

ブラックは基本的には審査に通らない

先に述べたように、信用情報機関に異動情報が登録されてしまったとしてもクレジットカードが発行できる可能性はあります。 しかし、蓋然性は限りなく低く、基本的には審査に通らないものと考えてください。

ネット上ではアメックス以外にも楽天カードで審査に通ったという情報もあるのでこちらも挑戦してみる価値はあるかもしれませんね。