押さえておきたいクレジットカード審査のポイント

「クレジットカードを発行したいけど、初めてだからちょっと不安」 そんな方のために、審査にパスするために最低限抑えておきたいポイントをピックアップしてみました。

カード会社が審査においてチェックしたいのは「この人物は貸したお金をちゃんと返してくれるのか」ということ。 もし「自分には返済能力がないと判断されてしまうかも…」と思われる方は、以下のポイントをチェックしてから審査に臨むようにしましょう。

安定した収入が必要

クレジットカードの審査に通るためには、申し込み者に安定した収入があることが大前提となります。 まあこれは当然ですよね。返してもらえる見込みのない人物にお金を貸せるわけがありません。

現在、無職で安定した収入がないという方は、クレジットカード発行の申し込みを行ったところで100%審査落ちになります。 なので、まずはどのような仕事でもいいのでパートやアルバイトを行い、定期的な収入を得られるようになりましょう。

無職でも発行できるクレジットカードはありませんが、「フリーターでもOK」というクレジットカードならたくさんあります。 有名どころでは「楽天カード」「ライフカード」「エポスカード」などですね。 初めは限度額を低く抑えられてしまいますが、クレヒスを積めばフリーターでも50万円程度までは上がると思います。

もし事情があってパートもバイトもできないという方は、自分名義のクレジットカードを発行することは不可能なので、 両親や配偶者に家族カードを発行してもらいましょう。カード会社によっては兄弟や祖父母でもOKという場合もあります。

総量規制ギリギリの借り入れのある方

総量規制の対象である「年収の3分の1」程度までキャッシングを利用してしまっている方は、クレジットカードの審査にはまず通りません。 総量規制の目的は、借りすぎ・貸しすぎを防ぐこと。ショッピング枠は総量規制の対象外とはいえ、カード会社の自主規制が働くものと思われます。

現状、そのような状況にあるという方は、可能な限り残債を減らしてから審査に臨むようにしてください。 年収の3分の1ギリギリまで借り入れがある方と、10万円でも余裕のある方では審査の結果は違ってきます。 また、その際に少しでも審査に通過する確率を上げたい方は、必ずキャッシング枠は「0円」で申し込むようにしてください。

事故情報がある方は消えるまで我慢する

過去に金融事故を起こし、信用情報機関に事故情報が登録されてしまっている方は、その情報が消えるまでクレジットカードの申し込みは行わないでください。 ほぼ間違いなく審査に落ちてしまいます。

信用情報機関に登録される金融事故には具体的には「長期延滞」「代位弁済」「特定調停」「個人再生」「任意整理」「自己破産」などがありますが、 このうち個人再生は減額された借金を完済してから、また自己破産は免責の許可が下りてから10年間は信用情報機関に情報が残ります。その他の事故情報は5年間ですね。

数年前に自己破産をしたけれど、今は安定した収入を得られているのでクレジットカードが持ちたいという方は、アメックスに申し込んでみてください。 ブラックでも審査に通る可能性があるのはここだけだと思います。

デビットカードであれば発行可能

これまでの記事を読んでみて「クレジットカードを発行するのはしばらく無理だな…」といった状況の方にはデビットカードをオススメします。 デビットカードとは、口座残高から即時引き落としをするクレジットカードのようなもので、銀行口座さえあれば基本的に審査なしで発行することが可能です。

口座に残高がある限りクレジットカードと同じように利用できるので、現金に代わる決済手段が欲しいだけであれば、デビットカードでも問題ないかと。 VISAデビットならVISA加盟店で、JCBデビットならJCB加盟店でクレジットカードと同様に利用できます。